Reuters logo
シドニー株式市場・大引け=小反落、金融株とコモディティ株が重し
2017年11月28日 / 08:30 / 14日前

シドニー株式市場・大引け=小反落、金融株とコモディティ株が重し

    [28日 ロイター] -   
 豪                           終値    前日比       %       始値       高値       安値
 S&P/ASX200        5,984.252   - 4.521   - 0.08   5,988.80  6,004.300  5,976.300
 指数                                                                         
 前営業日終値             5,988.773                                                    
 
    
    28日のシドニー株式市場の株価は小反落で引けた。公益事業株と生活必需品株の上
昇を、金融株とコモディティ関連株の下落が相殺した。
    S&P/ASX200指数 は前日終値比4.521ポイント(0.08%)
安の5984.252で終了した。
    公益事業株が特に値上がりし、主要銘柄の電力小売り大手AGLエナジー 
とエネルギー大手オリジン・エナジーはそれぞれ1.2%と2.4%上昇した。
    オリジン・エナジーは6営業日続伸。一時は2年超ぶりの高値を付けた。債務を減ら
すため、液化天然ガス(LNG)事業「オーストラリア太平洋LNG」のコスト削減に努
めると表明した後を受けた。
    同社はまた、2018年通期の収益見通しを維持した。
    小売り大手のウールワースとウェスファーマーズが消費者関連株の
上昇を主導し、それぞれ1.9%高と1%高。
    金融株がS&P/ASX200指数の足を最も引っ張った。ウエストパック銀行<WBC
.AX> が0.9%安と下落を主導し、2カ月超ぶりの安値を付けた。
    ナショナル・オーストラリア銀行(NAB) は0.9%、オーストラリア
・ニュージーランド(ANZ)銀行は0.8%、それぞれ下落した。
    資源大手BHPビリトンは2%安と、S&P/ASX200指数構成銘柄で
値下がりが目立った。中国の鉄鉱石先物相場が9営業日ぶりに反落したことが響いた。
    同業のリオ・ティントとフォーテスキュー・メタルズ は0.8%
と3%、それぞれ下落した。
    通信サービス株も下落。テルストラ が最大3.5%下げ、5年半超ぶりの
安値を付けた。
    CMCマーケッツの主任市場ストラテジスト、マイケル・マッカーシー氏は「テルス
トラが下げているのには二つ理由があると思う。NBNがテルストラの一部サービスの開
始を遅らせたとの報が数日前にあった。また、テルストラ株は過去数カ月にわたり圧迫さ
れている」と説明した。全国ブロードバンド網(NBN)社はHFC(光・同軸ハイブリ
ッド)技術の販売を12月11日から6─9カ月間停止すると発表した。


    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below