Reuters logo
シドニー株式市場・大引け=続伸、金融株主導・資源株は下落
2017年10月9日 / 09:48 / 14日前

シドニー株式市場・大引け=続伸、金融株主導・資源株は下落

    [9日 ロイター] -   
 豪                           終値    前日比       %       始値       高値       安値
 S&P/ASX200        5,739.258  + 28.583   + 0.50   5,710.80  5,759.200  5,710.800
 指数                                                                         
 前営業日終値             5,710.675                                                    
    週明け9日のシドニー株式市場の株価は金融株主導で続伸して引け
た。配当見通しの改善を背景に銀行株指数は7週間超ぶりの高値を付け
た。ただ、資源株の反落が株価全般の上げ幅を抑えた。
    S&P/ASX200指数は前週末終値比28.583ポイント(
0.5%)高の5739.258で終了した。
    コモディティー価格の幅広い上昇にもかかわらず、資源大手BHP
ビリトン は0.2%安、同業リオ・ティント は0.
1%安でそれぞれ引けた。
    ナショナル・オーストラリア銀行(NAB) は1.2%
高、ウエストパック銀行 は0.7%高と、S&P/ASX2
00指数を特に押し上げた。投資家らは両行の配当利回りに引き付けら
れた。
    アルゴノート(パース)の企業株式取引担当エグゼクティブディレ
クター、ジェームズ・マクグルー氏は、銀行株の配当利回りは現在の低
金利との比較で、銀行株を非常に魅力的にしていると指摘した。
    マクグルー氏は「BHPビリトンやリオ・ティントなどの資源株か
ら資金を引き揚げ、銀行株に再び投資する流れだ。この種の業種の切り
替えはかなり頻繁に見られる」と説明した。
    コモンウェルス銀行に対する集団訴訟への懸念は材料視さ
れず、同行は約0.5%高で終了した。コモンウェルス銀がマネーロン
ダリング(資金洗浄)防止法に違反したとされる問題で、適切な情報開
示を怠ったとして法律事務所モーリス・ブラックバーンが起こした集団
訴訟に対し、同行は断固反論する構えを表明した。 
    一方、資源会社サウス32 は1.8%安、同業フォーテ
スキュー・メタルズは2.9%安と、S&P/ASX200指
数の足を最も引っ張った。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場
合があります)
 
 

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below