April 10, 2019 / 8:43 AM / 10 days ago

シドニー株式市場・引け=ほぼ変わらず、リスク意欲低下

 (シドニー株式市場は5月7日からアジア市場サマリーに統合します。詳しくは「お知ら
せ-アジア株式市場サマリーの拡充」をご覧ください)
    [10日 ロイター] -   
 豪                   終値   前日比      %       始値       高値       安値
 S&P/ASX2  6,223.500  + 1.700  + 0.03   6,221.80  6,235.400  6,199.300
 00指数                                                             
 前営業日終値     6,221.800                                                  
 
    シドニー株式市場はほぼ変わらずで引けた。国際通貨基金(IMF)が世界経済の成
長率見通しを引き下げ、リスク選好意欲が大幅に低下した。下方修正は昨年10月以来3
度目で、投資家を動揺させた。
    S&P/ASX200指数は、前日終値比1.7ポイント(0.03%)高
の6223.5で終了。
    証券会社ペッパーストーンの調査部門責任者クリス・ウェストン氏は、現段階で株を
購入する理由がなく、「全ての領域で材料がない」と指摘。一方で、「力強い上昇の後で
利益を確定する非常に大きな理由がおそらく三、四つある」とも述べた。
    鉱業株は失速。一部投資家が最近の上昇を受けて利益確定売りを出したほか
、中国の鉄鉱石先物が過去最高値から軟化したことが重しとなった。BHPグループ<BHP
.AX>は0.4%安、フォーテスキュー・メタルズは0.2%下落した。
    一方で金鉱株指数は金相場高を好感して上昇し、ニュークレスト・マイニン
グは1.5%高。ノーザン・スター・リソーシズやサラセン・ミネラル
・ホールディングスも上昇した。 
    金融株指数は5営業日ぶりに反発し0.3%高。コモンウェルス銀行<CBA.AX
>は0.7%高、IOOFホールディングスは1.9%高となった。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below