December 7, 2018 / 8:05 AM / 8 days ago

シドニー株式市場・引け=反発、中銀の利下げ観測で投資家心理が好転

    [7日 ロイター] -   
    
 豪                           終値    前日比       %       始値       高値       安値
 S&P/ASX200        5,681.500  + 23.800   + 0.42   5,657.70  5,706.400  5,653.500
 指数                                                                         
 前営業日終値             5,657.700                                                    
    
    7日のシドニー株式市場の株価は反発。オーストラリア準備銀行(中央銀行)が来年
のどの時点かで利下げを検討するかもしれないとの観測が強まったことで投資家心理が好
転、週間では4週間ぶりに上伸に転じた。
    S&P/ASX200指数は前日終値比23.8ポイント(0.4%)高の5681
.5で終了。週間では0.25%高となった。
    米連邦準備理事会(FRB)が、12月に予想される利上げの後は、利上げ局面を休
止するとの観測が広がったことも地合いを押し上げた。
    アルゴノートの株式取引部門のエグゼクティブ・ディレクター、ジェームズ・マクグ
ルー氏は、賃金の伸び率とインフレが高まれば、豪中銀が来年に利下げに踏み切る可能性
があるとの見方が相場の下支えになったとの見方を示した。
    中銀のデベル副総裁は6日、次の金利決定は引き上げになる可能性が大きいとしなが
らも、依然として引き下げの余地もあるとの見解を示した。
    ヘルスケア株は上伸。CSLは2.6%高、コクレアは約
3%高となった。
    コモンウェルス・バンクは1%高。このほか、景気循環株の上昇も全般の相
場を支えた。複合企業ウェスファーマーズは0.7%高、スター・メディア・グ
ループは5.3%高。
    一方、金属・鉱業株指数は金属相場の下落を背景に0.5%安となった。B
HPグループは0.7%安。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below