December 3, 2018 / 7:32 AM / 12 days ago

シドニー株式市場・引け=反発、米中の休戦で信頼感改善

    [3日 ロイター] -   
    
 豪                           終値      前日比       %       始値       高値       安値
 S&P/ASX200        5,771.200   + 104.000   + 1.84   5,667.20  5,771.200  5,667.200
 指数                                                                           
 前営業日終値             5,667.200                                                      
    
    週明け3日のシドニー株式市場の株価は反発。貿易問題をめぐり、米国と中国の首脳
が「一時休戦」で合意したことで、投資家の信頼感が改善した。
    S&P/ASX200指数は、前日終値比104ポイント(1.8%)高の5771
.2で終了。上昇率は2017年7月4日以来の大きさとなった。前営業日は1.6%安
で引けていた。
    CMCの主任市場ストラテジスト、マイケル・マッカーシー氏は「中国と米国が宣言
した一時休戦は、リスク資産にとっては強材料だ」と指摘した。
    エネルギー株指数は原油高に支えられ4.6%高となり、2週間超ぶりの上
昇率となった。ウッドサイド・ペトロリアムは3.5%高、サントスは
8.7%高で終了。
    金属・鉱業株指数は3.3%高。BHPグループは3.7%高、リ
オ・ティントは2.3%高。
    金融株指数は前週末の下落分の一部値を戻し、0.8%高。コモンウェルス
・バンク・オブ・オーストラリアは0.5%高、ウェストパック・バンキング・
コープは1.1%高。
    穀物集荷・販売大手グレインコープは、ロングターム・アセット・パートナ
ーズから23億8000万豪ドル(約17億5000万米ドル)での買収提案を受けたこ
とを受け、34%高と急伸した。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below