March 21, 2018 / 7:32 AM / a month ago

シドニー株式市場・引け=反発、銀行株が再び買われる

    [21日 ロイター] - 
 豪                                終値     前日比        %        始値        高値        安値
 S&P/ASX200指数         5,950.300   + 13.900    + 0.23    5,936.40   5,963.000   5,934.700
                                                                                       
 前営業日終値                  5,936.400                                                         
 
    21日のシドニー株式市場の株価は、金融株に支えられて反発して引けた。このとこ
ろの銀行株への売りが弱まった。ただ、きょう予定されている米連邦準備理事会(FRB
)の金融政策決定を控えた警戒感が株価の上値を抑えた。
    S&P/ASX200指数は前日終値比13.90ポイント(0.23%)高の59
50.30で終了した。
    FRBの2日間の会合を締めくくる政策発表(1800GMT、日本時間22日午前
3時)では利上げがほぼ確実視されている。FRBが想定する今年の利上げ回数が増える
のか、増えた場合は株価が大幅下落するのかどうかに、投資家の注目は移っている。
    金融株指数は0.6%高で終了。相次いで不正が発覚した豪銀行業界に対し
王立委員会が調査を行っているが、投資家心理はこれを通過したもようだ。
    証券会社CMCマーケッツの主任市場ストラテジスト、マイケル・マッカーシー氏は
「(銀行不正の)発覚を材料に売りを出したかった向きは既にそうしたようだ」と指摘。
「明るみに出た多くの案件は過去の話だった。4大銀行のどこかが組織的に関与したとの
見方はまだ確立されていないため、そのことを背景に幾分買いが入った可能性もある」と
述べた。
    4大銀行株は0.6─1%高。
    素材株は金属相場高に支えられて上昇。また原油価格の上昇がエネルギー株を支援し
た。
    鉱業大手BHPビリトンは0.9%高と、S&P/ASX200指数を押し
上げた。石油・天然ガス生産大手ウッドサイド・ペトロリアムは0.4%高、エ
ネルギー大手オリジン・エナジーは1.3%高。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below