June 15, 2018 / 10:13 AM / 5 months ago

シドニー株式市場・引け=反発、銀行株が高い

    [15日 ロイター] -   
 豪                         終値    前日比      %      始値      高値      安値
 S&P/ASX200      6,094.000  + 77.400  + 1.29  6,016.60  6,100.10  6,016.60
 指数                                                                 0         0
 前営業日終値           6,016.600                                                
    
    15日のシドニー株式市場の株価は、銀行株主導で反発して引けた。欧州中央銀行(
ECB)が量的緩和政策の年内終了を決める一方、政策金利は来年まで現在の低水準に据
え置くという方向感がまちまちな方針を示し、結果的に米ドルが上昇したことが強材料と
なった。
    ECBは14日の定例理事会で、来年まで政策金利を据え置く一方、資産買い入れに
ついては年内で打ち切る方針を示した。
    アルゴノートのエクイティー・セールス部門の責任者、ダミエン・ルーニー氏は、「
豪ドルが対米ドルで大幅に下落し、株式市場全体にとって支援材料となった」と述べた。
一方、オーストラリアの最大の輸出先である中国からの輸入品に「非常に大幅な」関税を
課すというトランプ米大統領の決定は、今後の相場の波乱要因になる恐れがあるという。
    S&P/ASX200指数は前日終値比1.3%高。週間では0.8%高。
    金融株は最も堅調で、1.9%高。4大銀行株は0.8─2.3%高。ただ、ウェス
トパック銀行は顧客に対して適切な助言を行わなかったとして、オーストラリア
証券投資委員会(ASIC)によって提訴されたことが売り材料になった。
    資源株も上昇。BHPビリトンは0.5%高。リオ・ティントは1
.3%高。
    エネルギー株も上昇。ウッドサイド・ペトロリアムは1.6%高。サントス
は2.8%高。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below