April 11, 2019 / 9:20 AM / 15 days ago

シドニー株式市場・引け=反落、世界経済の見通しを懸念

 (シドニー株式市場は5月7日からアジア市場サマリーに統合します。詳しくは「お知ら
せ-アジア株式市場サマリーの拡充」をご覧ください)
    [11日 ロイター] - 
 豪                  終値     前日比        %       始値       高値        安値
 S&P/AS    6,198.700   - 24.800    - 0.40   6,223.50  6,223.500   6,184.000
 X200指数<.AX                                                         
 JO>                                                                   
 前営業日終値    6,223.500                                                       
 
    11日のシドニー株式市場の株価は反落した。金融株や鉱業株が下げを主導した。世
界経済の見通しや米中貿易摩擦への懸念が広がった。
    S&P/ASX200指数       は前日終値比24.8ポイント(0.4%)安の
6198.7で終了。前日はほぼ変わらずで終了した。
    米連邦準備理事会(FRB)は年内利上げを実施しないとの見通しを示しており、投
資家は好感しているが、それは米国の成長鈍化見通しが根拠。連邦公開市場委員会(FO
MC)議事録によると、参加者は米経済の「劣化」は、米企業の多額の債務負担によって
増幅される恐れがあると指摘した。
    アルゴノートの法人株式取引部門のエグゼクティブ・ディレクター、ジェームズ・マ
クグルー氏は、議事録におけるプラス材料は「きょうは豪市場に波及しなかった。投資家
は引き続き慎重姿勢で、恐らくFRB当局者のコンセンサスの欠如に注目した」と指摘し
た。
    鉱業株指数は1.1%安。BHPグループは0.6%安、リオ・テ
ィントは1.3%安。
    産金株は失速し、セント・バーバラは2.4%安、サラセン・ミネ
ラル・ホールディングスは1%安。
    金融株指数は0.7%安。コモンウェルス銀行は0.5%安、ウエ
ストパック銀行は1.3%安。
    

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below