January 4, 2019 / 7:47 AM / 15 days ago

シドニー株式市場・引け=反落、世界経済への懸念高まる

    [4日 ロイター] -   
 豪                   終値     前日比      %      始値       高値       安値
 S&P/ASX   5,619.400   - 14.000  - 0.25  5,633.40  5,633.400  5,568.700
 200指数                                                             
                                                                     
 前営業日終値     5,633.400                                                   
 
    シドニー株式市場は反落して引けた。新年最初の週を通じても下落した。米アップル
の予想外の業績見通し下方修正に加え、米製造業指標が弱い内容だったことで、
世界経済を巡る懸念が高まった。
    S&P/ASX200指数の終値は、前日終値比14.00ポイント(0.
25%)安の5619.40。祝日のために短かった今週1週間を通じては0.9%安。
    アップルは、同社としては異例の売上高見通しの下方修正について、中国での販売減
を理由に挙げた。このため、米中貿易摩擦の影響が今後さらに表面化し、オーストラリア
など米中の主要貿易相手国が打撃を受ける可能性があるとの懸念が浮上した。
    米中両国が来週、貿易協議を行うというニュースがこれらの懸念を幾分和らげ、シド
ニー株の下げ幅抑制に寄与した。
    このニュースは国際石油価格の安定化にも寄与し、豪エネルギー株指数は下
落分を取り戻して約1%高で終了。オイル・サーチは0.8%高。
    豪金融株指数は0.3%安。サンコープ・グループが12月にシド
ニーを襲ったひょうを伴う嵐の被害により多額の保険金請求があったことを明らかにした
後、保険株が特に売られた。
    保険会社は、サンコープ、QBEインシュアランス、インシュアランス・オ
ーストラリア・グループ(IAG)が0.5─3%下落した。 
    産金株は安全資産としての魅力から買いが増え、豪産金株指数は2.76%
高、エボリューション・マイニングは終値としては上場来高値で引けた。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below