July 30, 2018 / 9:04 AM / 16 days ago

シドニー株式市場・引け=反落、主要中銀の政策決定控え様子見

    [30日 ロイター] - 
 豪                      終値    前日比      %      始値       高値       安値
 S&P/ASX200   6,278.400  - 21.800  - 0.35  6,297.00  6,300.200  6,260.000
 指数                                                                  
 前営業日終値        6,300.200                                                  
 
    30日のシドニー株式市場の株価は反落。企業の決算発表や主要中央銀行の政策決定
会合を控える中、今後の方向感を見定めたいとして様子見となる投資家が多かった。
    S&P/ASX200指数は、前営業日終値比21.80ポイント(0.3
5%)安の6278.40で引けた。
    CMCマーケッツのチーフ・マーケット・ストラテジスト、マイケル・マッカーシー
氏は「今後の見通しに修正を迫る可能性がある重要イベントを前に、多くの投資家が利食
い売りを出して持ち高を整理しようとしている。今週は警戒ムードの滑り出しとなった」
と指摘した。
    下げが大きかった銘柄としては、鉱業大手BHPビリトンが0.6%安。世
界最大の銅山として知られるチリのエスコンディーダ鉱山でストライキの可能性が高まっ
たことが嫌気された。労働者側は会社側提案を拒否し、スト実施の是非を問う組合員投票
を行うことで合意している。
    もっとも、ストへの懸念は大きく材料視されなかった。市場では、今後発表される経
済指標などで、金属の最大の消費先である中国の成長減速が示唆されるかに、より注目が
集まっている。
    世界的な鉱業大手リオ・ティントは1.1%安。同社は来月1日に中間決算
を発表する予定。
    金融株が総じて弱含んだことも相場全体を圧迫した。下げを主導したのはコ
モンウェルス銀行とオーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ)
で、それぞれ0.6%安、0.5%安だった。
    一方、資産運用会社のAMPは4%超上昇。通信大手テルストラは
約2%高で引けた。
    

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below