February 13, 2019 / 6:59 AM / 11 days ago

シドニー株式市場・引け=反落、業績への警戒でCSLに売り

    [13日 ロイター] - 
 豪                  日本時間14時37    前日比      %          始値
                                 分                    
 S&P/ASX200        6,063.600  - 15.500  - 0.25     6,079.100
 指数                                                  
 前営業日終値             6,079.100                                
    
    13日のシドニー株式市場の株価は反落して引けた。序盤の上昇分を消す展開。上半
期決算が失望を誘った主要銘柄の製薬CSLが主要株価指数の足かせになった。
    S&P/ASX200指数は前日終値比15.50ポイント(0.25%)
安の6063.60で終了した。
    オーストラリアで5番目に大きい銘柄であるCSLは3.9%安。同社の上
半期利益は10%増と予想並みの水準だったが、投資家は業績の伸びの減速や、中国で当
局の承認が遅れる可能性を警戒した。
    CMCマーケッツの主任市場ストラテジスト、マイケル・マッカーシー氏は「10%
増益はCSLにしては低い伸び率だ。通常であれば15─25%の領域。このため、幾分
失望感があった」と説明した。
    CSLはこれまで一貫して主要株価指数をアウトパフォームしてきており、1年間で
株価が3分の1上昇。きょうの大幅安は投資家の高い期待の反映と言える。
    鉄鉱石先物の大幅安を受け、鉱業株は下落。主要銘柄のBHPグループは0
.6%、リオ・ティントは1%下げた。
    一方、金融大手コモンウェルス銀行も配当落ちで3%近く下落し、主要株価
指数を圧迫した。 
    IT関連株指数は米市場につれて2%上昇し、終値ベースで約5カ月ぶり高値となっ
た。
    

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below