Reuters logo
シドニー株式市場・引け=小じっかり、金融株上昇 地政学リスクが重し
2017年4月12日 / 08:00 / 7ヶ月前

シドニー株式市場・引け=小じっかり、金融株上昇 地政学リスクが重し

    [12日 ロイター] -   
 豪                終値   前日比       %       始値        高値        安値
 S&P/AS  5,934.000  + 4.726   + 0.08   5,929.30   5,944.200   5,913.600
 X200指数<.A                                                      
 XJO>                                                              
 前営業日終値  5,929.274                                                     
 
    シドニー株式市場は小じっかり。金融株の上伸が一部通信株への売りを相殺した格好。
  一方、中東や北朝鮮をめぐる地政学リスクが高まる中、投資家は新規のポジション構築を手控えている
。
  S&P/ASX200指数        終値は4.726ポイント(0.08%)高の5934.000。
    金融株指数は序盤の下げから値を戻し、0.4%高。4大銀行株は0.2─1.0%高となった。
  通信大手テルストラは一時8.6%安まで売られ、2012年以来の安値を付けた。同業のT
PGテレコムが携帯電話周波数の帯域落札に成功したことが材料視された。
  米国とロシアの関係や北朝鮮情勢をめぐる地政学的緊張の高まりも株価を圧迫し、投資家は安全資産に
流れた。安全資産の代表格である金は5カ月ぶり高値を付けた。
    産金のニュークレスト・マイニングは1.6%高、セント・バーバラは1.4%高。
両銘柄とも、昨年11月9日以来の高値。
  一方で資源大手BHPビリトンは0.4%安。    
 
 

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below