Reuters logo
シドニー株式市場・引け=小反落、金融や不動産などが安い
2017年12月4日 / 08:03 / 10日前

シドニー株式市場・引け=小反落、金融や不動産などが安い

    [4日 ロイター] -   
    
 豪                           終値    前日比       %       始値       高値       安値
 S&P/ASX200        5,985.587   - 4.169   - 0.07   5,989.80  6,000.500  5,979.000
 指数                                                                         
 前営業日終値             5,989.756                                                    
 
    4日のシドニー株式市場は小反落で引けた。金融株が軟化した。
    S&P/ASX200指数は前週末1日終値比4.169ポイント(0.07%)安の598
5.587で終了。
    豪金融株指数は0.6%安。4大銀行は0.3─1.2%下落した。
    オーストラリア政府は先週、スキャンダルに揺れる金融部門を対象とした広範な調査を実施すると発表
した。国民の金融部門に対する信頼感を取り戻すのに必要だと判断した。
    不動産株と一般消費財株が金融株に次ぐ大幅な値下がりとなった。不動産開発のレンドリース・グルー
プは1.4%安。保育所運営のG8エデュケーションは2017年度の利益見通しの引き
下げが嫌気されて23%超急落した。
  1日に上海市場の鉄鋼先物相場が9月半ば以来の高値付近で推移し、ロンドン金属取引所(LME)の
銅3カ月物相場が1.1%上昇した後を受けて、シドニー市場では建材株が約1%値上がりした。
  この部門の主要株はBHPビリトンが1.6%、リオ・ティントが1.2%、それぞ
れ値上がりした。
  リオ・ティントは4日、「量よりも価値」を重視する戦略を維持する方針を示した。株主還元を増やす
措置を打ち出し、取締役会から新会長を指名した。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below