January 8, 2019 / 7:34 AM / 10 days ago

シドニー株式市場・引け=続伸、米中貿易協議で進展期待

    [8日 ロイター] -   
 豪                  終値    前日比      %      始値       高値       安値
 S&P/ASX  5,722.400  + 39.200  + 0.69  5,683.20  5,733.700  5,666.600
 200指数                                                           
                                                                   
 前営業日終値    5,683.200                                                  
 
    シドニー株式市場は続伸して引けた。米中協議で貿易戦争終結に向けた進展があると
の期待感から続伸した米市場に追随した。
    米国の雇用統計のほか、米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が今年の金融政
策判断は忍耐強く柔軟に行うと発言したことが投資家の楽観ムードを高めた。
    S&P/ASX200指数は、前日終値比39.20ポイント(0.7%)
高の5722.40で終了。7日は1%超上昇した。
    ロス米商務長官は7日、北京で開催中の米中次官級通商協議について、双方が受け入
れ可能な合意に至る可能性は高いと指摘した。
    エネルギー株指数は0.7%高。ウッドサイド・ペトロリアムが0
.7%高、オリジン・エナジーが2.8%高となった。
    エネルギー株指数はこれで4営業日続伸。貿易協議を巡る期待感で原油相場が堅調に
推移している。石油輸出国機構(OPEC)主導の減産開始も市場を引き締めた。
    金融株は1カ月ぶり以上の高値を付け、指数押し上げに貢献した。ウエスト
パック銀行が1.5%高、ナショナル・オーストラリア銀行が1.3%
高だった。
    ヘルスケア株指数は2カ月ぶり近い高値を記録した。豪ドル安が追い風にな
った。医薬品大手CSLが1.5%高、医薬品販売シグマ・ヘルスケア
が6.6%高。ヘルスケア関連企業は国外で大規模に事業展開しており、豪ドル安は利益
になる。
    金関連株指数は急落。リスク選好意欲が最近回復し、金採掘会社の魅力が低
下している。セント・バーバラは4.8%下落した。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below