April 24, 2019 / 8:33 AM / in 7 months

シドニー株式市場・引け=続伸、11年超ぶり高値 利下げ期待高まる

 (シドニー株式市場は5月7日からアジア市場サマリーに統合します。詳しくは文末のお
知らせをご覧ください)
    [24日 ロイター] -   
    
 豪                           終値    前日比       %       始値       高値       安値
 S&P/ASX200        6,382.100  + 62.700   + 0.99   6,319.40  6,390.500  6,319.400
 指数                                                                         
 前営業日終値             6,319.400                                                    
    
    24日のシドニー株式市場の株価は続伸し、11年超ぶりの高値で引けた。銀行株と
ヘルスケア株が上昇を主導した。弱いインフレ指標で、早ければ5月にも豪準備銀行(R
BA、中央銀行)が利下げする可能性が高まったとの見方が株高の背景にある。
    S&P/ASX200指数は、前日終値比62.70ポイント(0.99%)高の6
382.10と、2007年12月以来の高値で終了した。
    きょう発表された1─3月期の豪消費者物価指数(CPI)は前期比横ばいとなり、
3年ぶりの低水準だった。
    RBAは今月、インフレ率が望ましい水準に加速せず、失業率が突然上向いた場合、
政策金利を現在の1.5%から引き下げる必要があるとの認識を示した。
    INGエコノミクスは「豪インフレ率は、RBAが目標とする2─3%の中心点に近
づく兆しを全く見せない。このため当社は金利据え置き予想を利下げに変更する。(利下
げは)早ければ5月7日の会合」と説明。「先週雇用が力強い伸びを示したものの、この
ようなインフレ率の目標からの大幅な乖離(かいり)をRBAが無視できるとは思わない
」と述べた。
    豪ドルはインフレ指標を受けて6週間ぶり安値に下落し、輸出依存度の高いヘルスケ
ア株のCSLは2.4%高で引けた。
  豪ヘルスケア株指数は2.4%高と、約4カ月ぶりの大幅上昇。
  豪金融株指数は力強い上昇を続け、1.3%高と7営業日続伸。4大銀行はそ
れぞれ1%余り上昇した。
    一方、鉱業・産金株は下落。鉄鉱石と金の値下がりが響いた。豪産金株指数
は4営業日続落で約0.8%安。
            
    お知らせ:5月7日から「アジア株式市場サマリー」(ネームドアイテム)
を拡充します。これまで引けの数値を表として配信していましたが、営業日は各市場リポ
ートも加えたサマリーを「中盤」および「引け」の2回配信します。
    「ソウル株式市場」(同)と「シドニー株式市場」(同)は「アジア株
式市場サマリー」に盛り込む形式の配信に変更します。「中国・香港株式市場」(同[.HK
J])と「東南アジア株式市場」(同)の引けはこれまでどおり配信を続けますが、
アジア株式市場サマリーにもその内容を盛り込みます。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below