March 1, 2018 / 8:05 AM / 6 months ago

シドニー株式市場・引け=続落、リオ・ティントとBHPが安い

    [1日 ロイター] -   
    
 豪                           終値    前日比       %       始値       高値       安値
 S&P/ASX200        5,973.300  - 42.700   - 0.71   6,016.00  6,016.000  5,957.500
 指数                                                                         
 前営業日終値             6,016.000                                                    
 
    1日のシドニー株式市場の株価は続落して引けた。コモディティ(
商品)相場が軟化する中、鉱業大手のリオ・ティントとBHP
ビリトンの値下がりが目立った。一方、米利上げ懸念が株価全
般を押し下げた。
  パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長は27日、下院での議会
証言で、米経済の過熱を防ぐ考えを示す一方で、米経済が最近力強さを
増したと述べた。議会証言を受け、投資家は今年の利上げが4回になる
と見込んだ。
  S&P/ASX200指数は前日終値比42.7ポイント(0.7
1%)安の5973.3で終了した。
  配当落ちのリオ・ティントは4.1%安と、10カ月超ぶりの大幅
下落で終了。BHPビリトンは1.3%安で引けた。金属・鉱業株全般
も金属相場に足並みをそろえて下落した。
  大連商品取引所の鉄鉱石相場は28日に0.55%下落し
たほか、上海市場の銅相場は2週間ぶり安値を付けた。
  28日には原油相場も下落し、S&P/ASX200エネルギー株
指数は2.2%安。
  4大銀行株は0.2─0.9%安で引けた。
  産業用爆薬メーカーのオリカは3.5%下落し、約3カ月
ぶり安値付近で取引を終えた。同社は中間期決算について、計3億豪ド
ル(約2億3178万ドル)の費用計上が利益を圧迫するとの見通しを
示した。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場
合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below