December 21, 2018 / 8:16 AM / a month ago

シドニー株式市場・引け=続落、世界の経済成長に懸念

    [21日 ロイター] - 
 豪                       終値    前日比       %       始値       高値       安値
 S&P/ASX200    5,467.600  - 38.200   - 0.69   5,505.80  5,543.100  5,426.600
 指数                                                                     
 前営業日終値         5,505.800                                                    
 
    21日のシドニー株式市場の株価は続落。世界の経済成長見通しを巡る懸念が高まり
、リスク資産の売りが強まった。
    米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果は消化されつつあるが、原油相場の下落や
米政府機関閉鎖への警戒感が新たな弱材料となった。
    S&P/ASX200指数は前日終値比38.20ポイント(0.7%)安
の5467.60で終了。週間では2.4%安と、下落率は11月16日までの週以来の
大きさとなった。
    ブルー・オーシャン・エクイティーズの市場ポートフォリオ・ストラテジスト、メー
サン・ソマサンダラム氏は、米国の利上げペースや米中通商問題で不透明感があり「これ
らが明確になるまで市場は若干神経質な状態が続くだろう」と指摘した。
    金融株指数は1.2%安。ウエストパック銀は1%、ナショナル・
オーストラリア銀行は1.1%それぞれ下げ、6年超ぶりの安値を付けた。
    コモンウェルス銀行は0.6%下落して1カ月ぶりの安値を記録。オースト
ラリア・ニュージーランド銀行は1.1%下げ、2年超ぶりの安値を記録した。
    エネルギー株は下落。今後のエネルギー需要を巡る不透明感が圧迫材料となった。カ
ルテックス・オーストラリアは1.7%安。サントスは0.2%安。一
時3月末以来の安値を付けた。
    金属・鉱業株指数は1.4%高。銅や中国の鉄鋼価格の上昇が指数を押し上
げた。BHPグループは2.3%高、リオ・ティントは0.7%高。
    

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below