February 12, 2018 / 7:53 AM / 5 months ago

シドニー株式市場・引け=続落、政府委の金融業界調査開始を嫌気

    [12日 ロイター] -       
 豪                              終値    前日比      %      始値       高値        安値
 S&P/ASX200指数<.AX   5,820.700  - 17.300  - 0.30  5,838.00  5,840.500   5,791.300
 JO>                                                                           
 前営業日終値                5,838.000                                                   
    
    シドニー株式市場は続落して引けた。不正が発覚した銀行業界の販売手法に関する政府主導の
調査が始まったことを受け、金融株が下落を主導した。
    S&P/ASX200指数       は引けにかけて下げ幅を幾分縮小し、前週末終値比17.3
ポイント(0.3%)安の5820.7と、終値ベースで昨年10月13日以来の安値で終了した
。
    投資家は今週発表される1月の米消費者物価指数(CPI)にも注目している。物価や金利の
上昇見込みにかき乱された市場では不安が高まっている。
    先週の米S&P500株価指数は週間ベースで2年ぶりの大幅下落を記録した。
    シドニー市場では4大銀行株が0.5─0.8%安と、株価全般の上値を抑えた。ウエストパ
ック銀行とオーストラリア・ニュージーランド銀行はそれぞれ0.7%下落し、
終値ベースで2017年6月以来の安値。
    銀行業界を調査する政府の特別調査委員会「王立委員会」は12日、1年間の調査開始にあた
って銀行にとって特にもうかる商品である住宅ローンの販売手法を詳しく調べると表明した。
    金利の不正操作やマネーロンダリング(資金洗浄)容疑などのスキャンダルが銀行業界を揺る
がしている。豪銀各行は過去最高益を記録した数年間の後で収益の縮小に直面しているが、王立委
員会の最終勧告は刑事訴追または民事訴追や規制強化につながる可能性がある。
    家電量販大手JBハイファイは8%安と、下落率トップ。同社は中間決算で過去最高
益を計上したが、厳しい競争の中で利益の成長が鈍化するとの見通しを示した。
    原油や銅の相場回復に支えられ、鉱業株がS&P/ASX200指数の下げ幅を抑えた。
    BHPビリトンとリオ・ティントはそれぞれ1.5%高、サウス32<S32.AX
>は2.7%高。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below