June 14, 2018 / 9:51 AM / 5 months ago

シドニー株式市場・引け=銀行株主導で続落、ECB政策決定に注目

    [14日 ロイター] - 
 豪                         終値      前日比        %         始値         高値         安値
 S&P/ASX200指    6,016.600     - 6.900    - 0.11     6,023.50    6,033.700    6,007.500
 数                                                                                
 前営業日終値           6,023.500                                                             
 
    14日のシドニー株式市場は銀行株主導で続落して引けた。一方、オーストラリア政府が、太平洋島し
ょ国のソロモン諸島と他地域を結ぶ通信用海底ケーブル敷設への資金拠出を発表したことが通信株を押し上
げた。
    米連邦公開市場委員会(FOMC)を経て、投資家はきょう予定されている欧州中央銀行(ECB)の
理事会に注目している。大規模な資産購入の年内終了が示唆されるかどうかに関心が寄せられている。
    15日までの日銀の金融政策決定会合も焦点だ。
    きょう発表された5月の中国経済指標は、当局が過去数年にわたって続けてきた高リスク融資に対する
規制措置を受けて経済がついに減速し始めたことを示す内容だった。
    S&P/ASX200指数は前日終値比6.90ポイント(0.11%)安の6016.60で取引を
終えた。
    豪金融株指数は2016年11月以来の安値で終了。格付け会社ムーディーズ・インベスター
ズ・サービスは、豪政府の特別調査委員会による金融業界の不正追及が、金融機関各社の利益に影響を及ぼ
す可能性があるとの見方を示した。
    一方、通信大手テルストラは5.1%高となりS&P/ASX200指数を下支えた。
    豪州政府がソロモン諸島の高速インターネット回線の海底ケーブル敷設やサイバーセキュリティー施設
建設への資金拠出に同意し、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)による敷設計画が立ち消えに
なった。華為技術の計画に対しては豪州政府が懸念を表明していた。
    鉱業株も堅調で、BHPビリトンは0.4%、リオ・ティントは0.6%、それぞれ
上昇した。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below