January 7, 2019 / 6:58 AM / 10 months ago

シドニー株式市場・引け=1カ月ぶり高値、鉱業・エネルギー株主導

    [7日 ロイター] -   
 豪                   終値    前日比      %      始値       高値       安値
 S&P/ASX2  5,683.200  + 63.800  + 1.14  5,619.40  5,716.200  5,619.400
 00指数                                                             
 前営業日終値     5,619.400                                                  
 
    シドニー株式市場は反発し、1カ月ぶり高値水準で引けた。先週末の強めの米雇用統
計と、米連邦準備理事会(FRB)幹部のハト派的な発言を受け、世界的に安心感が広が
った流れを受けた。原油・商品相場高を背景に鉱業株とエネルギー株が上昇し、株価全般
の上げをけん引した。
    S&P/ASX200指数は、前日終値比63.8ポイント(1.14%)
高の5683.20で終了した。
    パウエルFRB議長は4日、リスクを認識しており、今後の金融政策には忍耐強く、
柔軟に対応すると発言。不安定な値動きが続く市場ではハト派的な動きを期待する声があ
り、警戒感が和らいだ。
    4日発表された昨年12月の米雇用統計によれば、非農業部門の就業者数の伸びは1
0カ月ぶりの高水準だった。米景気が急速に減速するとの懸念が後退した。
    またトランプ米大統領が、米中貿易摩擦緩和に向けた協議は順調に進んでいると語っ
たことも、地合い改善を支援した。
    豪金属・鉱業株指数は2.3%上昇し、10月16日以来の高値を記録した
。中国人民銀行(中央銀行)が預金準備率引き下げを発表したことを受け、鉄鉱石先物<D
CIOcv1>相場が上昇した。
    鉱業大手BHPビリトンが3.3%高、リオ・ティントが2.7%
高となり、指数を押し上げた。
    金融株指数も約1.1%上昇し、4週間超ぶり高値を付けた。4大銀行の株
価は0.8─1.4%高。資産運用最大手AMPは4.1%高だった。

    エネルギー株指数は2.4%高で、3週間以上ぶりの高値。ウッドサイド・
ペトロリアムは1.7%高、オリジン・エナジーは1.4%高。
    米中貿易摩擦の進展期待や主要産油国の供給削減を背景に原油相場が1%超上昇した
のを受け、エネルギー関連の株価が上昇した。
    一方、オーバーナイトでの金相場安やリスク選好姿勢の改善を反映して、金関連の指
数は下落した。ノーザン・スター・リソーシズは下落率が最も大きかっ
た銘柄の一つで、3.2%下落した。 
    ヘルスケア株指数も安い。医療サービス大手ヒーリアスは大幅安。
ヒーリアスは、中国の建築用カーテンウォール大手、江河創建集団の傘下会社が提示した
買収案を拒否した。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below