September 6, 2018 / 8:37 AM / 16 days ago

シドニー株式市場・引け=6日続落、貿易摩擦に懸念

    [6日 ロイター] - 
 豪                           終値    前日比       %       始値       高値       安値
 S&P/ASX200        6,160.400  - 70.000   - 1.12   6,230.40  6,230.400  6,150.700
 指数                                                                         
 前営業日終値             6,230.400                                                    
    シドニー株式市場は6営業日続落で引けた。新興国市場の混乱や世
界的な貿易摩擦、銀行業界での不正問題への懸念が売り手掛かりとなり
、6カ月ぶりの大きな下げ幅となった。
    S&P/ASX200指数は前日終値比70ポイント(1.1%)
安の6160.40で取引を終えた。これは2カ月超ぶりの安値で、下
げ幅は3月以降で最も大きかった。
    CMCマーケッツ・アンド・ストックブローキングのチーフストラ
テジスト、マイケル・マッカーシー氏は「貿易摩擦がさらに激化する可
能性やそれが世界の貿易に及ぼす影響が懸念され、投資家の警戒感が非
常に強くリスク回避モードになっている」と指摘した。
    金融株は0.6%安。オーストラリア・ニュージーランド銀行<ANZ
.AX>とコモンウェルス銀行はこの日、資金調達コストの上昇を
踏まえ、住宅ローン金利を引き上げた。
    この動きはウエストパック銀行による先月末の引き上げに
続くもので、ナショナル・オーストラリア銀行も追随するとみ
られている。
    豪金融業界では今年、さまざまな不正行為が発覚。複数の経営トッ
プが辞任を迫られ、大手金融機関の評判も傷ついた。
    資源株は下げが目立った。素材株指数は1.3%安、鉱業
大手BHPビリトンは2.5%安となった。
    

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場
合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below