August 8, 2018 / 6:51 AM / 10 days ago

ジャパンディスプレイの4─6月期売上高は45%減、スマホ需要減で

[東京 8日 ロイター] - ジャパンディスプレイが8日発表した2018年4─6月期決算(日本基準)は売上高が前年比45.2%減の1032億円と大幅減となった。スマートフォン向けディスプレイの需要減が響いた。

ただ、営業損益は144億円の赤字から98億円の赤字へと赤字幅が縮小した。構造改革による固定費低減などが寄与した。

7─9月期売上高は狭額縁の液晶パネル「フルアクティブ」の出荷増により、4─6月期比で4─5割増、営業損益は同赤字縮小を見込んでいる。

9月は単月黒字化の予定で、2019年3月期の売上高は前年比1─2割増、営業利益率2─3%を予想している。

*この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します 。

志田義寧

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below