January 21, 2019 / 8:46 PM / a month ago

スイス中銀の拡張的な政策、先行き不透明感高まる中でなお適切=副総裁

[ラントクワルト(スイス) 21日 ロイター] - スイス国立銀行(中央銀行、SNB)のツアブリュック副総裁は21日、スイス中銀の拡張的な金融政策はなお適切との考えを示した。

同副総裁は保護主義の台頭のほか、英国の欧州連合(EU)離脱などを巡る先行き不透明感がこのところ高まっているとの認識を表明。政策を安定的に保つことの理由として、政治的な先行き不透明性の高まり、外国為替市場のボラティリティーが高まる中でのスイスフラン高、低インフレ圧力、世界的な低金利環境などを挙げた。

スイス経済については、スイスフラン相場が高水準にあることは引き続きリスクとなるとしながらも、見通しは良好との見方を示した。

このほか、外為相場にとって金利差は重要となるとの見方も示した。

スイス中銀のジョルダン総裁も前週、安全資産として見なされるスイスフランの上昇を防ぐために現行の金融政策を維持する必要があるとの見解を示している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below