November 5, 2018 / 6:22 AM / 15 days ago

スバルが今期業績を下方修正 新たな検査不正 品質管理強化で減産

[東京 5日 ロイター] - SUBARU(スバル)は5日、2019年3月期の連結業績予想を下方修正した。営業利益は前期比42%減の2200億円となる見通し。従来は3000億円を見込んでいた。新たな検査不正が発覚し、追加リコール(回収・無償修理)と品質管理体制見直しのため、減産を決めた。リコール費用と減産による出荷減などが響き、800億円引き下げる。

修正後の営業利益予想は、リフィニティブがまとめたアナリスト21人の予測平均値3391億円を下回る。

世界販売計画は従来の110万台から104万1000台に引き下げる。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below