Reuters logo
ソウル株式市場・中盤=反発、北朝鮮情勢巡る不安後退
2017年9月11日 / 04:09 / 9日前

ソウル株式市場・中盤=反発、北朝鮮情勢巡る不安後退

    [ソウル 11日 ロイター] -   
 韓国                日本時間13時1     前日比          %           始値
                                分                         
 総合株価指数<.KS1        2,361.98    + 18.26      + 0.78       2,354.86
 1>                                                        
 前営業日終値             2,343.72                                      
    
    ソウル株式市場は反発し、1週間超ぶりの高値を付けた。ハイテク株が大量に買われ
たほか、北朝鮮を巡る地政学的リスクへの不安が後退した。
    北朝鮮は同日、国連安保理での新たな北朝鮮制裁決議案採択を目指す米国に対し、「
相応な代価」を支払うことになるだろうと警告したが、市場ではほとんど材料視されなか
った。
    総合株価指数(KOSPI)       は0241GMT(日本時間午前11時41分
)時点で、0.8%高の2362.80。一時、2369.72まで上昇した。
    大信証券の株式アナリストは「(北朝鮮を巡る)リスクがなくなったと言うのは時期
尚早だが、一つだけ確かなのは、市場参加者が今は、情勢が数週間前のようには悪化しな
いと考えているということだ」と述べた。
    同アナリストはまた、四半期決算の発表が近づく中で、多くの海外投資家や国内の機
関投資家がハイテク株や化学株を買っていると指摘した。
    サムスン電子は2%超高。電気・電子株指数は1.9%高。
    化学株指数は1.4%高。海外投資家は取引中盤時点で40億ウォンの買い
越し。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below