September 10, 2018 / 4:00 AM / 11 days ago

ソウル株式市場・中盤=小幅続落、米国の新たな対中関税案を嫌気

    [ソウル 10日 ロイター] - 
    
 韓国               日本時間12時54    前日比       %       始値
                                分                     
 総合株価指数<.KS1        2,288.47    + 6.89   + 0.30   2,277.35
 1>                                                    
 前営業日終値             2,281.58                              
 
    
    週明け10日午前のソウル株式市場の株価は小幅続落している。トランプ米大統領が
中国からの輸入品に対する新たな関税案を明らかにしたことを受けて、中国の上海と深セ
ンの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数に足並みをそろ
えて下落した。
    0156GMT(現地、日本時間午前10時56分)時点で総合株価指数(KOSP
I)は前週末終値比1.30ポイント(0.06%)安の2280.28。4営業日続落
となっている。
    韓国で中東呼吸器症候群(MERS)コロナウイルスへの感染者が3年ぶりに確認さ
れたことを受けて、製品需要が高まるとの期待から一部の銘柄が急伸した。MERSのD
NAワクチンの研究、開発、製造に関わるジーンワン・ライフ・サイエンス
の株価が30%近く急騰。マスクを製造するオコン・コーポレーションも3
0%高。
    出来高は1億2970万7000株。895銘柄が取引され、うち上伸は397。
    海外投資家は240億6000万ウォン相当の売り越し。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below