Reuters logo
ソウル株式市場・中盤=小幅続落、米金融政策決定受け
2017年9月21日 / 04:16 / 1ヶ月後

ソウル株式市場・中盤=小幅続落、米金融政策決定受け

    [ソウル 21日 ロイター] - 
    
 韓国               日本時間12時56    前日比       %       始値
                                分                     
 総合株価指数<.KS1        2,411.59    - 0.61   - 0.03   2,412.01
 1>                                                    
 前営業日終値             2,412.20                              
 
    
    21日中盤のソウル株式市場の株価は小幅続落。米連邦公開市場委員会(FOMC)
は前日、保有資産縮小を決め、年内あと1回の利上げを示唆した。
    韓国政府関係者によると、FOMCの資産縮小決定が韓国の金利政策に与える影響は
ほとんどない見通しという。
    総合株価指数(KOSPI)       は0232GMT(日本時間午前11時32分
)時点で、0.2%安の2408.54。大型株のサムスン電子とSKハイ
ニックスの上伸が、幅広い銘柄の下げを抑制している形だ。
    サムスン電子は一時1.4%高。四半期決算の利益が市場予想を上回るとの期待感か
ら、日中の過去最高値を再び付けている。
    また、SKハイニックスは一時3.3%高。東芝の半導体子会社の売却先「日米韓連
合」の一角を占めている点が買い材料になっている。
    投資家らは力強い貿易統計も好感。今月1─20日の輸出は31.1%増加した。
    海外投資家は500億ウォン(約4417万ドル)の売り越しとなっている。
    値下がり銘柄591に対して、値上がり銘柄は215。


    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below