March 2, 2018 / 4:56 AM / 6 months ago

ソウル株式市場・中盤=続落、貿易摩擦を巡る懸念で

    [ソウル 2日 ロイター] - 
    
 韓国               日本時間13時33    前日比       %       始値
                                分                     
 総合株価指数<.KS1        2,403.70   - 23.66   - 0.97   2,406.57
 1>                                                    
 前営業日終値             2,427.36                              
 
    2日午前のソウル株式市場は続落し、3週間ぶりの日中安値を付けた。トランプ米大
統領が鉄鋼やアルミに高率関税を課す輸入規制方針を表明したことを受け、資源株が下落
し、世界貿易の亀裂が深まるとの懸念が増した。
  トランプ大統領は1日、国産製品を保護するために輸入鉄鋼、アルミに関税を適用す
る意向を表明した。
  総合株価指数(KOSPI)は0225GMT(日本時間午前11時25分)時点で
、1.6%安の2389.41と2月12日以来の日中安値を記録した。
  鉄鋼大手ポスコは3.7%以上下落し、4週間ぶりの安値となった。現代
製鉄と東国製鋼は3%近く下落した。
  キウム証券の株式アナリストは「さらに気掛かりなことは、この問題が韓国と米国の
自由貿易協定の再交渉協議へと広がることだ。そのため、きょうは自動車株と一部のハイ
テク株も下落した」と述べた。
  現代自動車は4.3%安。サムスン電子は2.2%安。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below