January 4, 2019 / 3:37 AM / 15 days ago

ソウル株式市場・午前=ほぼ変わらず、景気減速めぐる懸念が重し

    [ソウル 4日 ロイター] - 
 韓国               日本時間12時16    前日比        %         始値
                                分                      
 総合株価指数<.KS1        2,001.80    + 8.10    + 0.41     1,992.40
 1>                                                     
 前営業日終値             1,993.70                                 
 
    午前のソウル株式市場はほぼ変わらず。世界的な景気減速をめぐる懸念が地合いを押し下げ、一時、取
引時間中として2016年12月6日以来の安値を付けた。
    0202GMT(日本時間午前11時02分)時点で、総合株価指数(KOSPI)       は前日終
値比0.01ポイント安の1993.69。
    富国証券のアナリストのリー・ウォン氏は、特に米アップルが業績見通しを下方修正した後、
韓国市場は世界経済の成長を巡る懸念に圧迫されていると指摘。ただ、中国経済への懸念を背景に米中の通
商合意がまとまる可能性が高まるかもしれないとの見方を示した。
    サムスン電子は一時1.9%安。昨年5月の株式分割以来の安値を付けた。SKハイニク
スは1.2%安。2017年6月以来の安値で取引された。
    一方で、現代自動車は4.3%高、起亜自動車は5.3%高。リー氏は安値拾
いの買いが入ったと指摘した。
    出来高は1億1404万株。879銘柄が取引され、このうち240銘柄が上伸。
    外国人投資家は194億7100万ウォン相当の買い越し。
    

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below