October 15, 2018 / 3:14 AM / a month ago

ソウル株式市場・午前=反落、米中摩擦懸念などが引き続き圧迫

    [ソウル 15日 ロイター] - 
 韓国               日本時間12時5  前日比       %      始値
                               分                   
 総合株価指数<.KS1       2,153.92  - 7.93   - 0.37  2,155.34
 1>                                                 
 前営業日終値            2,161.85                           
 
    週明け15日午前のソウル株式市場の株価は反落した。米中貿易戦争や中国経済減速
の可能性など、世界で不透明感が根強いことが投資家心理を悪化させた。
    0215GMT(日本時間午前11時15分)時点で総合株価指数(KOSPI)<.
KS11>は前週末終値比5.51ポイント(0.25%)安の2156.34。
    メリッツ証券のアナリストは、新規材料はないが、既存の不透明さが続いていると指
摘。投資家は、米経済が米連邦準備理事会(FRB)の金融引き締めに十分耐えられるの
か、確信を持てないでいる。一方、米中には貿易面での懸念解消に向けた対話を行う兆し
がみられない。
    主要銘柄の大半は下げており、サムスン電子は1%余り下落。SKハイ
ニックスは2.5%値下がりした。
    出来高は1億0545万8000株。894銘柄が取引され、うち388が上伸。
    海外投資家は271億6300万ウォン相当の売り越し。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below