April 18, 2019 / 3:59 AM / a month ago

ソウル株式市場・午前=続落、米中貿易摩擦の再燃で

 (ソウル株式市場リポートは5月7日からアジア市場サマリーに統合します。詳しくは「
お知らせ-アジア株式市場サマリーの拡充」をご覧ください)
    [ソウル 18日 ロイター] - 
 韓国              日本時間12時4    前日比      %      始値
                             0分                    
 総合株価指数<.KS       2,220.39   - 25.50  - 1.14  2,248.80
 11>                                                
 前営業日終値           2,245.89                            
    
    18日午前のソウル株式市場の株価は続落。米中貿易摩擦の再燃が重しとなった。製
薬株は米株安につれた。
    総合株価指数(KOSPI)は0233GMT(日本時間午前11時33分)時点で
、前日終値比19.83ポイント(0.88%)安の2226.06。
    米連邦通信委員会(FCC)のパイ委員長は17日、安全保障上のリスクを理由に、
中国国有通信大手、中国移動(チャイナ・モバイル)の米通信事業を認めない
方針を表明した。
    韓国銀行(中央銀行)は18日、政策金利を据え置いた。
    製薬大手のセルトリオンは1.9%安、サムスン・バイオロジックス<20
7940.KS>は2.4%安。
    一方で、自動車・同部品メーカーは逆行高。中国当局が新車登録の規制の緩和を検討
しているとの報道を好感し、現代自動車は3%高。
    外国人投資家は106億ウォン相当の売り越し。
    出来高は1億7837万株。取引された892銘柄のうち、245銘柄が上昇した。


    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below