June 12, 2018 / 8:57 AM / 4 months ago

ソウル株式市場・大引け=小幅反落、米朝首脳会談は響かず

    [ソウル 12日 ロイター] - 
 韓国                        終値    前日比       %       始値       高値       安値
 総合株価指数<.KS1        2,468.83    - 1.32   - 0.05   2,474.78   2,479.56   2,462.84
 1>                                                                          
 前営業日終値             2,470.15                                                    
    
    12日のソウル株式市場の株価は小幅反落した。取引終了時間までに終わった米朝首
脳会談は相場に響かなかった。
    アナリストらは、韓国の金融市場ではシンガポールでの米朝首脳会談の成功が織り込
まれており、会談結果に即座には反応しなかったと指摘した。
    総合株価指数(KOSPI)は、プラス圏で推移する場面もあったものの、終値は前
日終値比1.32ポイント(0.05%)安の2468.83。
    DBSは首脳会談終了前に出されたリポートで「朝鮮半島に平和がもたらされれば北
朝鮮と韓国に大きな恩恵となり、韓国株が再評価される可能性がある」と指摘。一方で「
南北朝鮮の間には大きな隔たりや再統一に向けた巨額のコストの問題があり、過度の楽観
は控えることが賢明だ」と指摘した。
    米朝首脳は2ページの文書に署名し、「核のない朝鮮半島」に向けた目標を確認した
が、文書は非核化の範囲を明確には定義しなかった。
    南北朝鮮の間でプロジェクトが実施されれば恩恵を受ける可能性が高い銘柄は、首脳
会談に向けた過去数週間の上昇の後を受けて、利食い売りに下落した。
    現代セメントは9%安、現代エレベーターは3.6%安。
    主力株のサムスン電子は1%安、ハイニックスは0.9%安
。 
    下落銘柄492に対し、上伸は323だった。
    

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below