November 30, 2018 / 8:04 AM / 13 days ago

ソウル株式市場・引け=反落、半導体銘柄が主導 米中首脳会談待ち

    [ソウル 30日 ロイター] - 
 韓国                     終値    前日比      %       始値       高値      安値
 総合株価指数<.KS11    2,096.86   - 17.24  - 0.82   2,116.83   2,122.33  2,093.83
 >                                                                       
 前営業日終値          2,114.10                                                  
 
    ソウル株式市場の株価は反落。半導体銘柄主導で下落した。週末の米中首脳会談を見
極めたいとする参加者が多い。
    総合株価指数(KOSPI)       は前日終値比17.24ポイント(0.82%
)安の2096.86で引けた。週間では1.9%高。月間では3.3%高となり、1月
以来の上昇率となった。
    韓国中央銀行は30日、不動産市場の過熱を抑えることを主目的に、大方の予想通り
1年ぶりの利上げを決めた。アナリストらからは、過去数カ月間に金融市場が世界的に混
乱したことで、韓国中銀は金融政策の調整に最適な時期を探るのが難しくなっていたとの
指摘が出ていた。
    半導体銘柄が引けにかけて下落し、全体の指数を押し下げた。サムスン電子<005930.
KS>は3.0%安、SKハイニックスは2.7%安。
    現代自動車は7.0%高となり、2017年3月以来の高値となった。
同社が2550億ウォン(2億2830万ドル)相当の自社株買いの計画を発表したこと
が好感された。
    出来高は4億1058万4000株。取引された894銘柄のうち365銘柄が上伸
した。
    外国人投資家は1406億9500万ウォン相当を売り越した。
    

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below