February 1, 2019 / 8:49 AM / 21 days ago

ソウル株式市場・引け=小幅続落、製造業関連指標の落ち込みで

    [ソウル 1日 ロイター] - 
 韓国                  終値  前日比      %      始値      高値       安値
 総合株価指数<.KS1  2,203.46  - 1.39  - 0.06  2,211.93  2,218.78   2,201.41
 1>                                                               
 前営業日終値       2,204.85                                               
 
    ソウル株式市場は小幅続落。この日発表の経済指標で、アジア各国での製造業の活動
の落ち込みが示された。米中貿易協議を巡る楽観論が台頭したものの、低調な中国の指標
に相殺された。
    総合株価指数(KOSPI)       は前日終値比1.39ポイント(0.06%)
安の2203.46で終了。週間では1.2%高と4週連続で上昇し、15カ月ぶりの長
さとなった。
    アジア各国で発表された経済指標では製造業の活動縮小が示され、複数の国では数年
ぶりの低水準となった。報復関税の応酬や中国での需要冷え込みにより、世界経済の成長
への脅威が広がるとの懸念が強まった。
    財新/マークイットが発表した1月の中国製造業購買担当者景気指数(PMI)は3
年ぶりの低水準に低下。韓国の製造業関連統計でも、中国からの需要減少で、2019年
は厳しいスタートを余儀なくされたことが明らかになった。
    現代重工業が大宇造船海洋の買収に向け2兆1000億ウォ
ン(18億9000万ドル)相当の株式交換を発表したことを受け、現代重工業は8.7
%安、大宇造船海洋は7.6%安となった。
    米国のビーガン北朝鮮担当特別代表が、北朝鮮の指導者が核関連施設の廃棄を約束し
たと発言したことから、北朝鮮関連銘柄は大幅高となった。大亜TIは17
.4%高で引けた。
    出来高は4億7173万株。取引された896銘柄のうち、440銘柄が上伸した。
    外国人投資家は2617億ウォン相当を買い越した。
    4─6日は旧正月に伴う休日で休場。取引は7日に再開される。
    

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below