October 23, 2018 / 9:38 AM / 21 days ago

ソウル株式市場・引け=2%超反落、米中貿易摩擦の激化を嫌気

    [ソウル 23日 ロイター] - 
 韓国                      終値    前日比      %      始値      高値      安値
 総合株価指数<.KS       2,106.10   - 55.61  - 2.57  2,147.30  2,148.80  2,094.69
 11>                                                                    
 前営業日終値           2,161.71                                                
    
    23日のソウル株式市場は2%超反落し、約1年8カ月ぶりの安値を付けた。米中貿
易摩擦の激化や、さまざまな地政学的な緊張の高まりを受けて、アジア市場全般の地合い
が悪化した。
    総合株価指数(KOSPI)は前日終値比55.61ポイント(2.57%)安の2
106.10となり、昨年3月上旬以来の安値で引けた。
    漢陽証券のアナリスト、キム・ジヒュン氏は「トランプ米大統領の核兵器を巡る発言
を受けて地政学的リスクが高まり、投資家心理を悪化させた」と指摘した。
    トランプ大統領は、米政府は中国やロシアに圧力をかけるため、核兵器の軍備を拡張
し、中距離核戦力(INF)全廃条約を破棄する意向を表明した。
    キム氏は最近の株安について、ファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)よりもセン
チメントによって動かされていると指摘、米中間の貿易摩擦の長期化懸念が背景になって
いると分析した。
    
    大半の主要銘柄は下落。バイオ医薬品関連株のセルトリオンや、サムス
ン・バイオロジクスが下げを主導した。
    海外投資家は4209億6200万ウォン相当の売り越し。


    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below