for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ソフトバンク、21年3月期営業利益予想は0.9%増の9200億円、通信契約の増加見込む

[東京 11日 ロイター] - 通信会社のソフトバンクは11日、2021年3月期の通期連結営業利益(国際会計基準)が前年比0.9%増の9200億円になりそうだと発表した。スマートフォンやブロードバンドの契約数増加や法人事業の成長などで増収増益を見込む。

リフィニティブがまとめたアナリストによる営業利益予想の平均は9414億円。売上高予想は、同0.8%増の4兆9000億円、当期利益予想は同2.5%増の4850億円とした。1株当たり配当金は年間86円(うち中間配当金43円)の予想。

2020年3月期の連結営業利益は、前年同期比11.4%増の9117億円だった。全セグメントで増収となり、営業利益も全セグメントで増益となった。期末配当金は1株当たり42.5円の予定。

*この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up