Reuters logo
トヨタ、取締役9人に削減へ 代表権は豊田社長と内山田会長のみに
March 1, 2017 / 10:13 AM / in 10 months

トヨタ、取締役9人に削減へ 代表権は豊田社長と内山田会長のみに

[東京 1日 ロイター] - トヨタ自動車は1日、新たな役員体制を発表した。社外を含む取締役の人数を現在の11人から9人に減らし、意思決定の迅速化や経営の監督機能を強化。現在は6人が持つ代表権は豊田章男社長と内山田竹志会長の2人のみが持ち、経営責任の所在をより明確にする。

今年の定時株主総会の後、加藤光久、伊地知隆彦の両取締役副社長、小平信因取締役が退任する一方、4月1日付で副社長に昇格する永田理専務役員が新たに取締役となる。同日付で副会長に就く早川茂専務役員も取締役として留任。ディディエ・ルロワ、寺師茂樹の両副社長も取締役を続けるが、ともに代表権を失う。

4月からの執行役員体制では、副社長に就く永田専務役員は最高財務責任者(CFO)を担う。永田氏は北米経験が豊富だ。河合満専務役員も副社長に昇格する。河合氏は入社以来、生産現場一筋で、技能系出身として同社初の副社長となる。

白木真紀

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below