Reuters logo
トランプ氏、税制改革で上院共和党の協力要請 2議員が大統領攻撃
2017年10月25日 / 00:49 / 1ヶ月後

トランプ氏、税制改革で上院共和党の協力要請 2議員が大統領攻撃

[ワシントン 24日 ロイター] - トランプ米大統領は24日、共和党の上院議員団との昼食会で、企業や中間層を支援する必要があると訴え、減税を柱とする税制改革への協力を求めた。ただ、同党の有力議員2人はトランプ氏を痛烈に批判、税制改革の取り組みに影を落とした。

トランプ氏はツイッター上で共和党の有力議員、コーカー上院外交委員長と激しい言葉の応酬を繰り広げた。その後、ジェフ・フレーク上院議員(アリゾナ州)も大統領を厳しく批判した。

コーカー氏はこの日の朝、トランプ氏は偽りばかりで米国の世界での地位を悪化させたとツイート。減税に向けた議会の取り組みに干渉すべきでないとけん制した。

トランプ氏はツイッターで、コーカー氏は「テネシー州で野犬捕獲員にも当選できない」と反撃。コーカー氏は来年の議会選で再選を目指さない意向を明らかにしている。

フレーク氏も上院の議場で、再選を目指さない考えを表明。国内政治はトランプ政権の「向こう見ずで恥知らず、不名誉な」言動に慣れてしまったと非難した。

コーカー、フレーク両氏の批判が税制改革法案の成立を危うくするかどうかは現時点で不明だが、共和党の上院(定員100)での議席数は52と、辛うじて過半数を確保している状態であるため、野党・民主党がトランプ氏の税制改革に反対するなか、採決に悪影響が及ぶ可能性もある。

トランプ氏との昼食会後にジョン・コーニン上院議員は記者団に、大統領が中間層向け減税が盛り込まれることを確実にしたいと述べ、富裕層は税制上の支援は必要としていないと指摘したと語った。

ジョン・ケネディー上院議員は「庶民を支援し、企業を支援することの重要性について話し合った」と述べた。

民主党のシューマー上院院内総務は記者団に「トランプ氏の税制改革についての発言は、コーカー氏が指摘しているように『偽り』だ」とコメントした。

ライアン下院議長は同日、共和党主導の税制改革案を11月23日の米感謝祭の祝日までに下院で通過させたいとの考えを示した。

CNBCは、共和党が11月1日に税制改革法案を公表する予定だと報じた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below