May 3, 2019 / 11:04 AM / 19 days ago

トルコCPI、4月は前年比+19.5% 予想外の鈍化

[アンカラ/イスタンブール 3日 ロイター] - トルコ統計局が発表した4月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比19.50%上昇と、前月の19.71%から伸びが予想外に鈍化した。衣料と輸送費の上昇が鈍ったことが要因。ただ、同国がリセッション(景気後退)に陥るなか、インフレ率は高止まりしている。

CPIは前月比では1.69%上昇と、予想を下回った。3月末の統一地方選を受けてアルコール飲料とたばこの価格が6.77%急騰したことが影響した。

トルコリラはCPIの前年比伸び率が若干鈍化したことを受けて対ドルで小幅に上昇した。リラはここ数週間で急落していた。

ロイターがまとめた市場予想は前年比が20.33%上昇、前月比が2.4%上昇だった。

4月は食品・非アルコール飲料が前年比で32%近く上昇した。

ブルーベイ・アセット・マネジメントのティモシー・アッシュ氏は予想より好ましいデータは「内需が非常に落ち込んでいる状況」を反映していると分析。また、「価格統制が継続していることに着目し、インフレ指数がどれだけ正確で現実的かについて疑問の声が一部で上がるだろう」と指摘した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below