for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ドイツ国債の逆イールド、92年以来最大に

 ドイツ国債市場では24日終盤以降、1992年以来最大の逆イールドが発生している。写真はフランクフルトの金融地区。2019年3月撮影(2022年 ロイター/Ralph Orlowski)

[ロンドン 25日 ロイター] - ドイツ国債市場では24日終盤以降、1992年以来最大の逆イールドが発生している。

2年債と10年債の利回り格差は24日時点でマイナス27ベーシスポイント(bp)、25日時点でマイナス26bp。リフィニティブのデータによると、92年10月以降で最大となっている。

多くのエコノミストは逆イールドを景気後退のシグナルと分析。長期金利の低下は、投資家が利上げ後の利下げを予想していることを示唆している。

ドイツの市場調査グループGfKが25日発表した12月の独消費者信頼感指数はマイナス40.2と前月(マイナス41.9)から上昇したが、アナリスト予想を下回った。

ドイツ連邦統計庁が25日発表した第3・四半期の国内総生産(GDP)改定値(物価・日数調整済み)は個人消費が支えとなり、速報値をやや上回った。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up