Reuters logo
ニトリHD、3―8月期は2.1%営業減益 積極出店でコスト増
2017年9月27日 / 06:47 / 23日前

ニトリHD、3―8月期は2.1%営業減益 積極出店でコスト増

[東京 27日 ロイター] - ニトリホールディングスは27日、2017年3―8月期の連結営業利益が前年同期比2.1%減の481億円になったと発表した。上期の営業減益は2期ぶり。会社計画は1.4%減の485億円だった。積極的な新規出店による人件費増加や賃借料増加などが利益圧迫と要因となった。

3―5月期が5.6%営業減益の後、6―8月期は2.3%の増益に転じた。

3―8月期の連結売上高は同11.5%増の2839億円だった。渋谷公園通り店など都心での出店を加速させ、客層の拡大につなげた。

3―8月期には、国内外併せて30店舗の新規出店を行った。国内は出店26店舗、閉店4店舗、建替えによる一時閉店を2店舗実施し、店舗数は20店舗増加の448店舗となった。海外は、台湾1店舗、中国に3店舗を出店。店舗数は46店舗となった。

18年2月期の連結売上高は前年比10.7%増の5680億円、営業利益は同15.4%増の990億円の見通しを据え置いた。増収増益を達成すれば、31期連続となる。トムソン・ロイターのスターマイン調査がまとめたアナリスト12人の営業利益予測の平均値は1028億円となっている。

*この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

清水律子

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below