Reuters logo
ハイテク株の弱気局面続くかどうか注目=今週の米株式市場
2017年7月9日 / 23:06 / 4ヶ月後

ハイテク株の弱気局面続くかどうか注目=今週の米株式市場

[ニューヨーク 7日 ロイター] - 今週の米株式市場は、最近売りを浴びてきたハイテク株の値動きがどうなるかが注目されそうだ。

今年1─5月はハイテク株が常に市場の話題の中心にあり、S&Pの他の10セクターをアウトパフォームした。

しかし6月最初の週以降で見ると、ハイテク株は4%下落。金融株が5%強、ヘルスケア株が3%それぞれ値上がりしたため、投資家がハイテクから金融やヘルスケアなどに資金を移しつつあるのではないかとの見方が広がった。

ただ、ハイテク株は近く市場のけん引役として復活するかもしれない。今月発表されるハイテク企業の第2・四半期決算が、11期連続でS&P総合500種全体を上回る見通しとなっており、割高さなどを懸念している投資家を再び引き寄せる可能性があるからだ。

コザド・アセット・マネジメントのポートフォリオマネジャー、J・ブライアント・エバンス氏は「ハイテク株は一服しているが、また活気付く。今年後半は優位を取り戻すだろう」と話した。

プルデンシャル・インターナショナル・インベストメンツ・アドバイザーズのマネジングディレクター、ジョン・プラビーン氏も「(ハイテク株の最近の失速は)根本的な条件の変化によるのではなく利益確定の動きが主導している。ハイテクセクターにとってファンダメンタルズは依然として明るい」と強調した。

トムソン・ロイター・エスティメーツによると、第2・四半期のハイテク企業の増益率のアナリスト予想は11.2%で、S&P総合500種企業の7.9%よりも高くなる。

モルガン・スタンレーの株式ストラテジストチームは調査ノートで「ハイテクセクターの成長期待は最も高く、不確実性は小さい」と分析した。

時価総額ベースでS&P総合500種の22%に達するハイテクセクターの増益ペースは、米企業利益動向全体も左右する。第2・四半期では、S&P総合500種企業の利益の伸びのおよそ28%はハイテク企業が占めるとみられる。

チェース・インベストメント・カウンセルのピーター・タズ社長は「なおいくつかの痛みを抱えている経済においては、常に成長しているというのは投資家がより高い代金を払うだけの価値がある」と指摘した。

ハイテク企業は第2・四半期の売上高伸び率も7.2%と、S&P総合500種の4.6%を超える見通し。フォート・ピット・キャピタル・グループのシニア株式調査アナリスト、キム・フォレスト氏は、今のサイクルでは利益だけが増加するより、売上高の伸びを伴っている方がより重要な意味を持つとの見方を示した。

ハイテク株のバリュエーションがそれほど高過ぎるというわけでもないかもしれない。向こう12カ月の予想利益に基づく株価収益率(PER)は18.1倍で、S&P総合500種の17.8倍をわずかに上回る程度だ。

主要6通貨に対するドル指数が年初来で6.1%下落していることも、ハイテク株には好材料。S&P総合500種企業全体の海外売上高比率は40%だが、ハイテクセクターだけで見ると60%に上がる。

もっともこれだけ有利な要素がそろっていても、結局ハイテク株が他のセクターに後れを取る展開もあり得るだろう。

ヘルスケア株は今年に入って市場全般並みの値動きを続けており、医療保険制度や薬価を巡る法改正問題が決着すれば、政治不透明感が解消されて資金が流れ込む可能性がある。

景気や物価が今後上向けば、工業株やエネルギー株、金融株が台頭してくるかもしれない。

どのセクターが人気を集めるかを探る上では、14日から始まる銀行の第2・四半期決算発表が最初の手掛かりになる。その後マイクロソフト、IBM、アルファベット、フェイスブック、インテルなどの有力ハイテク企業が続々と決算を発表する。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below