September 2, 2019 / 8:46 PM / 14 days ago

ハリケーン「ドリアン」、2日夜にフロリダ州東海岸に接近 3州で避難命令

[マーシュ・ハーバー(バハマ) 2日 ロイター] - 大型で強い勢力のハリケーン「ドリアン」は2日、バハマ諸島を直撃した。米国立ハリケーン・センター(NHC)によると2日夜遅くから4日夜にかけて米フロリダ州の東海岸に接近し、その後は5日にかけてジョージア州とサウスカロライナ州の沿岸沿いに到達するとみられている。

ドリアンは2日正午前に5段階のうち4番目に強い「カテゴリー4」に格下げられたが、なお強い勢力を維持。2日米東部時間午後3時(日本時間3日午前4時)現在はグランド・バハマ島上にあり、時速1マイルの速度で移動している。NHCは一部の海域で海面の高さが通常より18─23フィート上昇する恐れがあるとして警戒を呼び掛けている。

ホワイトハウスでは当局者がハリケーン対策を策定。報道官によると、トランプ大統領は1時間おきに報告を受けている。

ドリアンの接近に伴い、フロリダ州では9つの郡が強制避難命令を発令。トランプ大統領が所有するリゾート「マールアラーゴ」があるパームビーチ郡も含まれている。

このほか、サウスカロライナ州の8つの郡、ジョージア州の6つの郡でも強制避難命令が発令された。

ハリケーンの接近に伴い空の便も乱れており、デルタ航空は フロリダ州フォートローダーデールなどの空港が閉鎖されたため、2日と3日の発着便55便を欠航。アメリカン航空グループでも空港閉鎖を受け欠航便が出ている。

科学者は気候変動の影響でハリケーンが巨大化していると指摘している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below