October 31, 2019 / 7:29 AM / 12 days ago

パナソニック、今期売上高予想を下方修正 為替を円高方向に見直し

[東京 31日 ロイター] - パナソニックは31日、2020年3月期(国際会計基準)の連結売上高を7兆9000億円から7兆7000億円(前年比3.8%減)へと引き下げた。想定為替を円高方向に見直したことが主な要因。

このほか、欧州を中心としたテレビ・デジカメの販売減や中国などの自動車市況悪化による車載機器の販売減なども影響した。

営業利益は3000億円(同27.1%減)の予想を据え置いている。リフィニティブが集計したアナリスト19人の営業利益の予測平均値は2939億円。

想定為替レートは、1ドル107円(期初は110円)、1ユーロ118円(同125円)、1人民元15.6円(同16.5円)に修正した。

*この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

清水律子

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below