March 7, 2019 / 1:34 AM / 13 days ago

ホットストック:みずほは軟調、資本基盤への影響は軽微との見方も

[東京 7日 ロイター] - みずほフィナンシャルグループは軟調。6日、2019年3月期決算に合計約6800億円の損失を計上し、当期利益予想を従来の5700億円から800億円(前年比86.1%減)に大幅下方修正したことなどが引き続き嫌気されている。

一方、市場からは、巨額の減損損失を計上した割には底堅いとの見方も出ている。「ポジティブに考えれば、構造改革が進展していると受け止められる」(中堅証券)との声が出ていた。

野村証券は6日付リポートで、大幅な下方修正の発表はネガティブな印象は否定できないものの、本件は無形固定資産等の減損で、資本基盤への影響は軽微、と指摘。その上で「むしろ、2020年3月期以降の減価償却負担等を一定程度軽減する効果を有する可能性がある」としている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below