July 29, 2020 / 12:06 AM / 15 days ago

ホットストック:キヤノンが気配下げる、今12月期は74.2%営業減益見通し

[東京 29日 ロイター] - キヤノンが気配を下げて始まった。午前9時現在、差し引きで約220万株の売り超過となっている。2020年12月期(今期)の連結営業利益(米国基準)見通しについて28日、前年比74.2%減の450億円となる見通しだと発表したことが嫌気されている。同社は新型コロナウイルス感染拡大の影響で、期初に示した通期見通しを取り下げ「未定」としていた。

田中稔三副社長兼CFO(最高財務責任者)は、コロナ禍での業績見通しについて「下期以降、上向いてくると見込んでいるが、事業によっては回復までに時間を要するため全体として緩やかな改善にとどまる」と説明。各国での経済活動の再開に伴い、世界経済も徐々に回復していくと想定するものの「引き続き予断を許さない状況が続く」との見方を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below