for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ホットストック:ジャフコGが急伸、旧村上系の大量買付で思惑

[東京 16日 ロイター] - ベンチャーキャピタル大手のジャフコ グループが急伸している。シティインデックスイレブンスなど旧村上ファンド系が株式を大量に買い付けている動きを踏まえ、対応方針を導入すると15日に発表し、手掛かりになっている。一時15%超高となり、年初来高値を更新した。9時20分時点でプライム市場で値上がり率3位。市場では「村上ファンドの動きを踏まえ、株主還元を強化するのではないかとの思惑が先行しているようだ」(国内証券)との見方が聞かれる。

ジャフコは、十分な情報提供、株主の検討時間を確保するとともに、一定の条件を満たさない買い付けには対抗措置として新株予約権の無償割り当てを検討する。

ジャフコによると、村上ファンド系は8月5日時点で15%弱の株式を保有していると説明しており、今後、51%を取得する可能性があることを示唆されたという。さらにジャフコが保有する野村総合研究所株(2022年3月末で4.05%)の流動化などを行い、約500億円の自社株買いを行うべき旨を要請されたとしている。

15日にシティが提出した変更報告書(報告義務発生は5日)によると、旧村上ファンド系の保有比率は計11.87%で、前回9日報告の6.54%から大幅上昇した。保有目的は「投資および状況に応じて経営陣への助言、重要提案行為等を行うこと」と記載している。 ジャフコは取締役会の恣意的な判断を避けるため、対応策の公正で客観的な運用を行う独立委員会を設置するほか、株主の意思確認のため8月31日を基準日として3カ月以内に臨時株主総会を招集する可能性があることも表明した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up