May 1, 2018 / 12:23 AM / 22 days ago

ホットストック:ソフトバンクが反落後プラス転換、スプリントとTモバイルが合併合意

[東京 1日 ロイター] - ソフトバンクグループが反落後に下げを縮め、プラス転換した。小高く推移している。子会社で米携帯電話4位のスプリントが同3位のTモバイルUSと合併することで合意したと4月30日に発表した。新会社はソフトバンクグループの持ち分法適用関連会社となり、子会社から外れる。

今後の焦点は米連邦通信委員会(FCC)や米司法省反トラスト局などが承認するかどうかに移るとみられ「不透明感は残る。情勢を見極めたい向きの売りが先行したようだが、財務改善の思惑も根強く、すぐ買い戻しが入った」(SBI証券投資情報部シニア・マーケットアドバイザー、雨宮京子氏)とみられている。

新会社の社名は「TモバイルUS」。スプリント1株に対して、TモバイルUS株0.10256株を割り当てる。新会社の株主構成はTモバイルUSの親会社であるドイツテレコムが41.7%、ソフトバンクグループが27.4%、TモバイルUSの旧一般株主が25.3%、スプリントの旧一般株主が5.6%。第5世代(5G)移動通信サービスの導入を控え、合併により規模拡大と合理化を進め、ベライゾン・コミュニケーションズとAT&Tの「2強」に対抗する。2019年半ばまでの取引完了を目指す。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below