February 12, 2020 / 12:04 AM / 6 days ago

ホットストック:ソフトバンクG買い気配、米連邦地裁がスプリントとTモバの合併容認

[東京 12日 ロイター] - ソフトバンクグループは買い気配。米ニューヨーク州南部地区連邦地裁が11日、同社傘下の米携帯通信4位スプリントと、同3位TモバイルUSの合併を認める判断を示し、スプリントとTモバイルの株価が大幅高となったことが材料視されている。

市場からは「ソフトバンクグループは投資会社的な側面があり、株式を保有する企業の時価総額が上がることはポジティブ。もやもやしていた案件が前進したことも前向きに評価される」(国内証券)との声が出ていた。

ソフトバンクGはきょう2020年3月期の第3・四半期決算を発表する。「物言う投資家」として知られる米エリオット・マネジメントがソフトバンクGの株式を取得し、株価上昇に向けた方策を協議しているとされており、孫正義会長がどのような見解を示すのかも注目される。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below