Reuters logo
ホットストック:ツバキナカシマが続落、投資ファンドの売り出しによる需給悪化を懸念
2017年9月11日 / 00:18 / 15日前

ホットストック:ツバキナカシマが続落、投資ファンドの売り出しによる需給悪化を懸念

[東京 11日 ロイター] - ツバキ・ナカシマが続落で始まった。8日に筆頭株主の投資ファンドが株式の売り出しを決議したと同社が発表しており、需給悪化への懸念が重しとなっている。米カーライル・グループ傘下のCJP TN Holdingsがまず、保有する株式1767万4400株を売り出す。売り出し価格は9月26日から28日までの間のいずれかの日の終値をベースに決定する予定。

需給状況に応じ97万2900株のオーバーアロットメントによる売り出しも計画しており、これを含めれば、議決権割合で約47%分の全保有株が売却されることとなる。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below